結婚記念日にお祝いをしてさしあげましょう

  • 2016年10月24日
  • admin

結婚記念日に何か贈り物をしましょう

結婚記念日は、概して男性は忘れていたりするものですが、女性はしっかりと覚えているものです。日頃からお世話になっている奥様にお礼を言うのは照れ臭いのですが、結婚記念日ならば、花束などを手にして簡単に言えることができます。そこで、日頃の感謝とこれからの二人の幸せを祈りつつ結婚記念日をお祝いしましょう。また、こんな日だからこそたまには奮発してしゃれたレストランでお食事するのも良いですね。お二人の仲が今後とも良くなるようにお祝いしましょう。

部下の結婚記念日をお祝いしましょう

プロ野球のある監督は、選手の奥さんに結婚記念日などに花束などを贈って、日頃の苦労に報いたそうです。こうした内助の功あっての会社勤めです。結婚記念日ぐらいには部下には早く帰宅させて奥さんとともに楽しい時間を過ごさせてあげたいものです。こんな情報を知るにも日頃から部下と仲良くできているからです。こうした上司になるためにも、しっかりと部下を冷ややかに監督するだけでなく、あたたかな目で見守るということも大切です。

両親の結婚記念日には子供がそろって

子供が大きくなるとそれぞれが独立して、実家から巣立っていきます。しかし、親ならば子供のことはいつでも心配しているものです。そこで、たまには親孝行として、結婚記念日には、子供たちが両親に元気な顔を見せてあげることが何よりもも喜びです。また、孫を連れて行けば喜びは一層大きなものになります。金婚式、銀婚式という言葉があるように夫婦二人が長く一緒にいるということはとてもめでいたことです。それをお祝いしてあげることは何よりの親孝行です。

結婚記念日とは、結婚式を挙げた日や入籍をした日のことを言います。記念日のプレゼントをしたり食事に行ったりする人もいます。結婚年数によって紙婚式や金婚式などと呼ばれることもあります。

Comments are closed.