どんな時に役に立つ?保険料は?希望に合ったペット保険の選び方

  • 2016年10月22日
  • admin

ペット保険とはどんなもの?

今、ペットを飼う方たちが増えていますね。可愛くて癒される大切な家族の一員、そんな可愛いペットを飼うことになったら、こんどは一番心配になるのが「病気」や「けが」です。もし病気などで動物病院にかかることになったら、実は、ペットの診療代は高額になりがちです。その診療代をカバーして本人負担額を減らしてくれるのがペット保険になります。ペット保険は保険会社や保険の種類により、保険料や内容などがかなり異なっています。自分のペットに合う保険を探すのにもいろいろと迷いますね。

ペット保険はどんな時に使えるの?

ペット保険は、通常、「病気」や「けが」で動物病院にかかった時に使用できます。もし事故にあったり、病気になって手術が必要になった時などは、保険に入っていないと数十万円の出費になる場合もあります。そんな時に補償割合分のお金が戻って、大きな助けになるのがこのペット保険といえるでしょう。アレルギーなどのあるペットの場合は、通院時にも使える保険が助かりますね。ただ、病気などではない「予防接種」や「避妊手術」などの料金には保険は使えません。そして、保険の加入前にかかってしまった持病についても保障されない場合もあるのでご注意ください。

ペット保険を選ぶ時の注意点は?

ペット保険を選ぶときに一番気になるのが「保険料」ですね。万が一のために備えるものだとはいえ、保険料が高いと加入を足ぶみしてしまいます。ペットが高齢になるにつれ掛け金は高くなるので、年齢ごとの保険料を先に確認しておくのがおすすめです。ただ、保険には、保険料が安く手術時のみ保障される保険や、保険料が高くても診療代がすべて保障され戻る割合が高い保険などがあります。ペットの普段の体調を考えて適した保険を選び、万が一にも備えておきたいですね。

ペット保険とは保険料を払い込むことで、ペットが病気やケガの際に保険金が支給される保険です。保険会社によっては人間の保険同様窓口で保険金を差し引いた金額のみ払えばよいとする制度もあります。

Comments are closed.