時計は自分のセンスそのものを象徴するステータスアイテムである!

  • 2016年10月22日
  • admin

自分の分身として時計は扱うべきである

時計は、時間を測るためのツールとして活用されていますが、その他の目的として、自分のステータスを示す大事なアイテムとしても使われるようになっています。つまり、ダサい時計を身につけていれば、ステータスが低いと判断されてしまい、センスがないとまで思われるでしょう。逆に、オシャレで経済力を示すような時計を身につけていれば、ハイステータスとして認識され、さらにはセンスが良すぎるとまで評価してくれます。だから、時計1つでその人の印象を決定づけるので、身につける場合は厳選する必要があります。

経済力を意識して選ぶ

まず、時計が最も効果を発揮するものが『経済力』なので、ある程度高価なものを身につけることが必須となります。注意しなければならないのが、自分の収入に見合う範囲で高価なものを選ばなければないことです。無理をして高すぎるものを購入すると、『無理をしているのでは?』と周りの思われ、逆に心配されてしまう可能性があります。だから、必ず収入の範囲内でかつ高価な時計を選びましょう。収入が上がったり、昇進していけば、それに合わせて時計を高価なものに変更していくと良いです。

センスを示すためにオシャレなデザインを選ぶ

センスを感じさせたければ、オシャレな時計を身につけるだけで効果的に働きます。シンプル過ぎず派手でないものが、周囲にオシャレと感じられやすいです。宝石等の装飾があると時計は、お金持ちというだけのイメージになってしまい、オシャレもセンスも感じさせないので注意しましょう。また、店員に相談して選んでも良いが、自分好みのデザインを選ぶことが、自分のセンスを示すことにつながるので、あくまで自分の意志に従うようにすることが大切です。

ロレックスは紳士高級腕時計ではナンバーワンの人気を誇るブランドです。質実剛健で機能性が高いので一生使えるアイテムになります。

Comments are closed.